約半年で早稲田に独学で現役合格した参考書や勉強法紹介

学習

こんにちは!Naoです。私は現在早稲田大学に通っています。実は私は高校三年の四月の模試では進研模試でも偏差値が50程度の成績でした。そこから7か月で現役で早稲田大学に合格しました。この記事を読めばどんな教科書を使えばいいのか。どのような心持で勉強をすればいいのかをお伝えしていきます!

合格までの考え方

あの有名な林修先生の言葉をご存じでしょうか?「努力をすれば報われるとは限らないが、正しい方向にされた努力は必ず実を結ぶ」というような言葉です。私もそう思います。ですがここで「正しい努力って何?」と思う方もいるかもしれません。それについても説明していきます。私立大学の入試では主に3教科です。理系では4もしくは5教科が必要になってきます。私は国語、日本史、英語で受験しました。それぞれの教科によって勉強法が全く違うということです。やみくもに勉強をしても成果は出ません。とりあえず勉強をするということはやめておきましょう。

英語の参考書

私が使っていた参考書を解説付きでリストにしています。参考書は自分に合ったものが一番です。書店に出向いて試し読んでみるのもありです!

  • 文法編
  • Next Stage
  • 英文法ファイナル問題集
  •   使った文法書はこれだけです。あまり多くやっても意味がないのでこの二冊を完ぺきにしました。「英文法ファイナル」はレベルが高いので時間がない方はやらなくても大丈夫だと思います。「Next Stage」は、発音やアクセントの部分もしっかりと覚えました。(センター試験対策)しかし共通試験では発音アクセント問題はないそうなのでやる意味は薄い気がします。早慶レベルの問題もこの二つをやっておけば対応できると思います。
  • 単語編
  • ターゲット1900
  • 単語王
  • パス単準一級
  • パス単一級
  • 解体英熟語
  •   単語帳(熟語帳)はこれらのものを使いました。ターゲットや単語王、パス単準一級と解体英熟語はできれば夏休みの間に大体の言葉は知っているという状態に持っていくのが理想です。よく単語に時間を割くなら推測力を上げたほうがいいという人もいますが、受験英語はとにかく時間がないので推測などしている暇はないというのが率直な感想です。なので語彙力の徹底的強化をすることで英語を読む速度は格段に速くなると思います。単語の覚え方についてもまた記事にしていますのでそちらをご覧ください。パス単一級についてですがこれは冬に時間が余ってやることが少なくなってきたときにやっていたものですので早稲田の社会科学部を受験しないのであれば必要ないでしょう。
  • 長文編
  • やっておきたいシリーズ300~1000まで
  • 英語長文ハイパートレーニング
  • Polaris(関先生著)レベル3
  •  長文はかなり少なめです。しかし一冊にある語彙や言い回しなどは完璧レベルまで仕上げることを意識しました。見慣れない語句に出会ったらルーズリーフに書き起こしておいてそれを振り返るという勉強法でした。長文はいかに素早く大量の文字を捌けるかが勝負になるので読むときはスピードも意識するとよいです。どのシリーズも難しいランクのものはかなり読みずらい分も多いと思うので今の実力の少し上くらいの英文を読むといいのではないかと思います。

日本史の参考書

日本史は参考書というよりはやった量に依存する科目なので、山川出版の教科書と一問一答を完ぺきにすることで大体の問題は正解できます。問題集のおすすめはヒストリアです。この問題集は難関私大の良問が集められていて、アウトプット用として重宝しました。歴史も夏休みまでに一周することがまず前提になってくると思います。教科書だけでは、退屈な方や流れが理解しにくい方は実況中継シリーズを使うといいと思います。

国語の参考書

  • 現代文
  • 現代文のアクセスシリーズ
  • 現代文単語
  •  現代文は得意だったのであまり時間を使いませんでした。入試における現代文は答えが本文に書いてあるかそこから推測することができる問題しかないので焦らなければ正解できます。その感覚がついてる人は勉強しなくても大丈夫だと思います。現代文単語は必須でやらなくてはならないわけではありません。最初に過去問をやってみて点数を見てみるのもありです。もしできなかったらなぜ自分の選んだ回答が違うのか。正解の答えにたどり着く思考はどのようなものか。この二つの微妙なずれを埋めていくことが重要になるので意識して解いてみてください。また現代文の解き方も別の記事にします。
  • 古文
  • 古文単語315
  • ステップアップノート30古文文法トレーニング
  • ステップアップノート30古文文法ドリル
  • 河合塾 首都圏難関私大古文演習
  •  古文で一番大事なのは時代背景です。この話がどんな話なのかが分からないと頭の中がごちゃごちゃになってしまいます。よくある話は妖怪が人に化ける話や恋愛の話、亡くなった人が現れる話などです。心情を読み取るには場面理解が必要なので意識して勉強するとよいです。単語はなかなか覚えずらいと思うのでゆっくりやっていけばいいと思います。文法は完璧にしましょう。ここはほかの受験生も力を入れてくるところなので差をつけられないようにします。ステップアップは夏休みあたりで終わらせるようにしましょう。河合の演習は11月を過ぎてからでも大丈夫です。とりあえず読む量とその分を完ぺきに理解することを心掛けましょう。
  • 漢文
  • センター漢文満点のコツ
  • 漢文は正直句形をを覚えれば読めますし、そこまで難解な問題は出題されないので点の稼ぎどころです。センターで満点近くを狙うように勉強をしていれば早稲田の漢文も対応できると思います。句形はもちろんですが漢字の読み方や意味までセットで覚えましょう。追加で演習も重ねて頭に定着させるといいです。

まとめ

 これをやれば合格を保証するものではありませんが、私は実際にこれを使って早稲田の商学部に合格することができました。一応受験結果とセンターの得点も最後に参考までに載せておきます。受験で一番大事なのは近道をすることです。特に時間がない人は出題されにくいところを完璧にしたところで費用対効果が悪いです。なので一度受験する大学の過去問を早いうちにやっておくことをお勧めにします。そうすることによって傾向をつかみ学習を開始することができるようになります。

受験は最低合格ラインに乗れば合格できます。相手に勝つことよりもそのラインに乗ることが大切なので回りは気にせずガンガンやっていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました